オリジナルアイテムに最適!!オリジナルバンダナを製作するメリットとは?!

オリジナルバンダナは、オリジナルアイテムを製作したい時にお勧めです。低コストでありながら、オリジナリティー溢れる魅力的なアイテムを製作する事ができます。ここでは、オリジナルバンダナ製作のメリットと、豊富なプリント方法についてお届けします。

オリジナルバンダナ

オリジナルバンダナは、自分で自分好みの柄やデザインをプリントして、オンリーワンのバンダナ製作ができるサービスです。デザイン方法も色々あり、自分で考案したりデザインソフトを活用したり、或いは、業者のテンプレートを活用したりして、デザインする事が可能です。デザイン可能範囲の中で自由にデザインできるので、オリジナルアイテムとして製作する事ができます。バンダナと言うアイテムは、つい見落とされがちですが、実はハンカチよりも少し大きめで多用途であり丈夫でもあるので、オリジナルグッズとして重宝できアイテムとして人気があります。バンダナの生地には、コンパス・シャンタン・キャンブリック・綿ローン等があり、製作する際には生地も選ぶ事ができ、素材・デザインにこだわったオリジナルバンダナに仕上げる事ができます。

オリジナルバンダナのデザインの重要性

そもそもデザインとは

デザインと言う言葉の語源は、ラテン語のdesignareが由来と言われています。その言葉の意味には、計画を記号に表す・線を引く・描く等の意味を持っています。つまり、アイデアを何らかの形で表現するものと言えます。では、デザインは何の為にするものなのかと言う事ですが、それは人の為に思考して最適な形として表現する為です。

例えば、ペットボトルラベルは飲み物の味をイメージできるような表現になっていたり、キャップも凹凸があって空けやすいようになっていたりします。普段、日常生活の中で目にするあらゆる物は、利用者=人に向けて作られています。利用者目線で考慮された物と言うのは、長く使用してもらえたり、持っていたいと思えたりするものです。

このように、デザインする事は周りにインパクトを与えたり、機能性や利便性をもたらしたり、利用者にとって有効的である事が大切なのです。

なぜデザインが重要なポイントになるのか

伝えたい事が伝わりやすくなる効果

例えば、何か課題を解決するとなった際には、まず求められている事を理解する事が大事ですよね。その上で、どのような機能や情報が必要であるのか、色々と設計していく事が大切になります。その過程の中で、取捨選択や表現に磨きをかける事で、伝えたい事が伝わるようになります。オリジナルバンダナ制作でも、例えば、ノベルティグッズとして制作する際には、企業や会社のアピールを効果的に伝える事ができますよね。

言葉で伝えられない情報を盛り込む

デザインしていく上では、余白・文字・カラー・イラスト・画像・素材等、色々考慮して制作していく事が大切になってきます。これらは言葉ではありませんが、様々な情報を伝えるツールになり、自社の印象を持ってもらう事に大きく貢献してくれます。非言語と言うのは、デザイン構成でも重要要素であり、誠実さ・楽しさ・温かさ等の感覚的印象を感じてもらう事ができます。

ブランディング効果に繋がっていく

誰かにとって良いデザインを生み出し続ける事は、一貫性のあるブランド形成にも繋がっていきます。ブランド形成されると価格やスペックで選ばれる事無く、このブランドが好きだから選ばれるようになります。こうしたブランディング効果は、利用者のロイヤルティを高めるので、リピーターに繋がったり、ブランドファンが増えたり、様々な良い効果をブランドにもたらします。

オリジナルバンダナのプリント方法

シルクプリント

シルクプリントは、衣類の代表的なプリント方法で、各種ショップで販売されている殆どのウェアがシルクプリントで作られています。カラーごとにデザインを製版するので、3カラープリントであれば製版数は3版になります。シルクプリントは、インクを使い分けて様々な素材にプリントできる万能プリントとなっています。インクジェットや昇華転写プリントではできないラメ・発泡・ひび割れ等のプリントができます。

転写プリント

転写プリントは、カラー数に制限が無いのでフルカラープリントに最適です。直接生地にプリントするのでは無く、転写紙に印刷してからプリントする方法になります。なので、写真画像・細かい柄・グラデーション等の表現にはお勧めです。ただし、ゴールドラメ・シルバーラメ等のラメインク、蛍光インクプリントはできません。

刺繍

刺繍は、針に撚り糸を通して布上に絵柄や文字等のデザインを施す加工を指します。刺繍には、手刺繍・機械刺繍・パンチニードルの3種類の刺繍方法があります。手刺繍や機械刺繍は機械で刺繍する方法ですが、パンチニードルは専用のニードルパンチの特殊針を使用して、布上から糸を埋め込んでいく刺繍方法になります。

レーザーカット

レーザーカットは、布地の裁断に適しています。ハサミや電動カッターでは複雑で緻密なデザインや模様であっても、簡単に美しく綺麗にカットできます。また、レーザー熱で繊維が溶着して切断面のほころび防止になるので、カット後のほつれ始末が不要です。特に、ポリエステルやナイロンを含む合成繊維はレーザーカットに最適です。さらに、文字・模様等の彫刻やマーキング等も加工することができます。

昇華プリント

昇華プリントは、ポリエステル繊維を直接転写染めするので、生地上にインクが乗った感じがありません。生地がそのまま染まる風合いでプリントが仕上がります。なので、素材の通気性をそのまま生かす事ができ、機能性素材の風合いが損なわれません。ベクターデータや画像データをそのまま転写する事ができ、細かい文字や柄の表現も可能となっています。

オリジナルバンダナ制作の活用シーン例

学校行事のイベント

学校行事のイベントと言うと、体育祭や文化祭を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。そんな学校の一大イベントに、オリジナルバンダナを製作してよりイベントを盛り上げる事ができます。仲間と一緒にバンダナを頭に巻いたり、首に巻いたり、腕に巻いたり、それだけで一体感が強まります。お揃いのアイテムを身に付けるだけで、一人一人のモチベーションアップにもなり、全体の式を高める効果もあります。また、形として手元に残す事ができるので、そう言った点も製作の魅力です。

ノベルティグッズ

ノベルティグッズは、抽選で提供されたり購入者特典で配られたり、販促活動には欠かせないアイテムですよね。ノベルティグッズでよくあるのは、ボールペン・ホッチキス・シールと言った文房具類ですよね。グッズもマンネリ化するので、一風変わったノベルティグッズを提供したい時に、オリジナルバンダナは人気があります。存在を印象付けられるのはもちろん、PRの一環として自社名やロゴや写真等をプリントして宣伝する事もできます。

スタッフユニフォーム

スタッフユニフォームは、レストランやオフィス等で働く従業員の仕事のモチベーションアップにも役立つアイテムです。オリジナルバンダナを製作して、スタッフユニフォームに取り入れる事で、お店や会社のドレードマークにする事もできますよね。他店舗にはない世界に一つだけのオリジナルバンダナで、魅力的なスタッフユニフォームに仕上げる事ができます。スタッフユニフォームを一新したい時にも、取り入れやすいアイテムです。